希土類サマリウムマグネット

希土類サマリウムマグネット

基本情報認証:RoHS、CE、ISO、SGSタイプ:SmCo16〜SmCo32形状:ブロック作業温度:300°c公差:+/- 0.02mm仕様:ISO9001、SGS、RoHS、カスタマイズ輸送パッケージ:ビニール袋+紙箱+木製パレットHSコード:8505110050コンポジット:希土類磁石、希土類磁石...

制品の詳細

基本情報

認証:RoHS、CE、ISO、SGS
タイプ:SmCo16〜SmCo32
形状:ブロック
作業温度:300 c
公差:+/- 0.02mm
仕様:ISO9001、SGS、RoHS、カスタマイズ
輸送パッケージ:ビニール袋+紙カートン+木製パレット
HSコード:8505110050
コンポジット:希土類磁石、希土類磁石
アプリケーション:スピーカーマグネット、産業用マグネット、モーターマグネット、計器用マグネット
コーティング:Ni、Tefkon
配達日:7-10日
OEMサービス:はい
商標:SensMag
起源:寧波、中国

製品説明

希土類クラスのサマリウムコバルト(SmCo)磁石は、1970年代初頭から利用可能です。
これらの磁石は、非常に高い磁気特性、優れた熱安定性を持ちながら、耐食性を維持しています。 これらの特性により、SmCo磁石は、幅広い温度と環境への耐性を必要とするアプリケーションに最適です。

SmCo磁石は、焼結または圧着により製造されます。 それらは異方性であり、方向の方向にのみ磁化できます。 一般に、SmCo磁石を飽和させるには、約30〜45KOeの磁場が必要です。

私たちは最大を作ることができます:完全な磁化で120mmx120mmx100mm

Sensmagは、BH max> = 29.00MGOeの高グレードYXG-32グレードのバッチ生産を提供できます

Sensmagは、多くの極を備えたアキシャルを介してSmCo磁石を生成できます。

応用:
焼結SmCoは、モーター、時計、トランスデューサー、機器、位置検出器、発電機、レーダー通信、医療機器、さまざまな磁気拡散装置、磁気プロセッサー、電気工学、磁気デリックで広く使用されています。

Hot Tags: 希土類サマリウム磁石、サプライヤー、メーカー、工場、卸売、購入

引き合い

You Might Also Like