SiC インバーター モーター磁石を用いた日本電産世界開発は最初のドライブのシステムではない

- Nov 14, 2014-

京都、日本、2014 年 11 月 13 日 (グローブ ニュース) - 日本の電力生産会社 (ニューヨーク証券取引所: ニュージャージー) は本日、日本電産 R & D センターは、SiC を開発しましたベース (モータ ドライブ システムの次世代半導体 SiC) インバーター。ベースのインバーター運転電気製品研究開発センターのシステムが正常に SR (不本意モーターのスイッチ) でモーター ドライブ技術アプリケーション世界磁気モーターで使用されている SiC の最初概念モデル永久磁石を無料では、特別なコントロールが必要です。

1. モータ駆動の必要性、SiC を用いたシステム基づくインバーター

将来のドライブ システムは小型・軽量・低消費電力のする必要があります。上記のすべて、低消費電力はグリーン ・ イノベーションの社会を達成するために最も重要な挑戦モーター駆動機器の消費電力日本 (*) の総電力消費の 57.3% を占めます。

* ソース: 2009 年 3 月 23 日に発行された研究将来の電子デバイス開発協会によって「電気機器の電力消費の現状と将来動向に関する調査報告」

社会情勢のパワー半導体 SiC や GaN (窒化ガリウム) などに対応する現在のシリコン デバイス - 開発されているに優れています。日本電産総合開発センター SiC 半導体の提供する電力損失、改良された熱抵抗より高い現在の容量の削減に焦点を当て小型・軽量のモータ駆動システムにこれらを適用することに成功しました。ボリュームと上記のコンセプト モデルの重量は 32% とそれぞれのモータとインバーターを含む、従来のモータ駆動システムの 69%。低い電力損失特性が消費電力の低減に資することが期待されます。

2. SiC を用いたモータ駆動システムの技術基づくインバーター

日本電産総合開発センターによるモータ駆動システムの設計は完全に SiC パワー半導体の性能を実現するために電気回路技術とインバーター回路部品の熱管理を容易に熱伝導解析技術に必要な。

R & D の SiC パワー半導体デバイスは京都大学で何十年も実施されています。日本電産総合開発センターによって使用された SiC パワー半導体は、日本科学技術振興機構、日本電産の京都超クラスター プログラムへの参加を通じて開発されました。これは、とりわけ京都の企業や公的研究機関と一斉に作業の多くの大学によって促進されました。京都超クラスター プログラムの中核機関は高度な科学技術 & 経営研究京都研究所です。具体的には、日本電産総合開発センターきたオープン ・ イノベーション ローム京都市右京区に本社事務所との共同ニチコン、本社を京都市中京区にあります。京都大学、大阪大学、立命館大学と。日本電産総合開発センター共同研究をおこなっていますモータ駆動システムの熱解析技術で横浜国立大学、インバーター、SiC の回路シミュレーションを含むベースします。

3. 活動計画、SiC を組み込んだモータ駆動システムのインバーターをベース

日本電産総合開発センター日本電産株式会社は、既に正常にモーター ドライブを開発しました、SiC を用いたシステム基づくインバーター。統合モータ駆動システム (インバーターは、モーターハウジング内構築された) 2015.Source:nasdaq.com で開発されます。